胸 大きくする 方法

Image Replacement

バストアップ法常識のウソ

バストアップ法で必ず出てくるのが「大胸筋」を鍛えなさい。ですね。
では、大胸筋を鍛えればバストアップは可能かというとそうではありません。

大胸筋は、バストアップには大切な要素ではありますが、胸を大きくするためのバストアップには、大胸筋を鍛えただけではだめなのです。

そもそもバストは脂肪組織が約90%、乳腺組織が約10%とほとんどが脂肪からできているのです。

バストアップし胸を大きくするには大胸筋をただ鍛えるだけでは、バストアップし胸を大きくすることはできないのです。

大胸筋だけを鍛えるためにジムなどに通い、大胸筋が鍛えられたとしても男性らしさが増すだけでバストアップし胸を大きくすることはできないのです。

もちろん大胸筋を適度に鍛えることはバストアップには効果的ですが、バストにボリュームを持たせるためには脂肪をバストに集めなければ胸は大きくできません。

その為には、わきや二の腕、背中にある余分な脂肪をバストに移動させることで、バストアップと胸を大きくすることが可能になります。



バストアップと女性ホルモンの関係性って?

妊娠期間中にバストが大きくなる女性が多いですが、これも女性ホルモンとの関係大です。

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの増加によりバストが大きくなるそうです。

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンという名前は、最近でこそテレビなどで少しは知られるようになってきましたが、卵胞ホルモンや黄体ホルモンと言われたほうが馴染があるかもしれません。

女性の多くが生理の前後に乳房の張りを感じたり、痛みを感じたりするのも女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの影響だと言われています。

これらの女性ホルモンのなかでもプロゲステロンは、乳腺の働きを活発にするので、バストを大きくさせるのに役立ちます。

またよくバストを大きくするにはバストを揉むと良いという話があり、バストのマッサージ機器やマッサージクリームなども多く販売されています。

これらも、まんざら嘘ではなく、女性は乳房を揉まれることによって女性ホルモンの分泌が促進され、その結果バストが大きくなるという考えもあります。

女性ホルモンのエストロゲンと非常によく似たものにイソフラボンがあります。

大豆に多く含まれているというお馴染のものです。

その為、イソフラボンを含んだサプリメントが、バストアップサプリメントとして販売されています。

バストアップ法には、バストを揉んだり、マッサージをしたりバストアップに効果のあるとされている成分が入ったサプリメントでバストアップを試みる方も多くいるでしょう。

ただバストアップに真剣に取り組むならばバストアップに関しての正しい知識をまず身につけましょう。

バストアップ最新情報公式サイトを、ご覧になられることをお勧めします。


★『ワンダーボム』 グラビアアイドル松金ようこさん愛用バストアップクリーム



バストアップには正しい知識が不可欠!


バストアップを成功させるには、意外と軽視されがちな「知識」がポイントです。
・正しいマッサージ法。
・バストに張りを与える成分とは?
・栄養バランスのとり方。
・バストに良い食事とは?
・意外と知られていない自分に合った下着の選び方。
・自宅で簡単にできるエクササイズ法。

などの基本的な知識をまずつけてみましょう。

NEWS!
今限定ですが、1日数分で驚くほどの効果を実感できる

※お試しレッスンキットが1,480円で手に入ります。

バストアップ、バストケアに興味のある方は、一度お試しください。
限定300名様限りなのでお早めに!

★谷間が欲しいぃ〜★バストが大きくなりたい!と思ったら
まずは、お試しレッスンキットでお試しください。
             V  V  V  V  V  V
                V  V  V  V
                   V  V
                     V